髭を脱色すると髭が濃くてもモテるのか?

最近は髪の毛だけじゃなくて、眉毛や髭も脱色する男性が増えてますね。

オシャレに敏感なアパレル関係や美容関係の男性に多いけど、髪の毛の色に合わせて眉毛や髭もカラーリングしている姿を目にします。

確かに髪の毛が明るい色なのに、眉毛や髭が真っ黒だとなんか違和感があるけど、眉毛や髭も髪の毛と同じ色ならカッコ良く見えますね。

じゃあ、髭が濃い男性も、髭を脱色したらちょっとはカッコ良くなるのでしょうか?髭は目立たなくなるのでしょうか?

剃ったあとの青ひげが目立つ

髭が濃い男性が髭を染めても、やっぱり濃い髭がカッコ悪く目立ってしまいます。

まず、髭を伸ばさない部分が青ひげになります。これは今までどおり変わりません。髭を茶色に染めたり赤く染めたりしても、青ひげは目立ちます。

また、髭が濃い男性は、髭が伸びるスピードも早い。

せっかく髭を脱色したのに、すぐに黒くて濃い色が伸びてきて不自然になってしまいます。

つまり、髭が濃い男性は何をやってもカッコ悪いというわけです。

髭が似合うのはごく一部のかっこいい人

髭が似合うのはごく一部のかっこいい人だけです。

よく「髭は男性の象徴でかっこいいと思う女性が多い」なんて言われてるけど、それは髭は元からかっこいい男性の象徴という意味です。

普通の男性は濃すぎる髭がデメリットになります。

すぐに伸びる無精髭は不潔感があるし、しっかり剃っても青くなった顔が気持ち悪い印象を与えてしまいます。

髭を伸ばしても髭を脱色しても、濃い人は濃いのでカッコ良くならないのです。

本当に印象を良くするなら脱毛しかない

本当に髭の印象を良くするのなら、髭を脱毛して薄くするしかありません。

普通の男性にとって濃い髭はデメリットにしかならないので、髭を伸ばすにしても髭を脱色するにしてもある程度髭を薄く脱毛してからやるべきです。

脱毛サロンやクリニックで受ける光脱毛やレーザー脱毛は、髭の残す量を決めることができます。

男性は髭が生えるのが当たり前なので、脱毛して髭が全く生えないツルツルにする男性もいれば、髭を薄くするけどツルツルにはしたくないという男性も多いです。

もし、髭を伸ばしたり脱色したりオシャレをしたければ、脱毛で髭を薄くしてからでないと似合いません。

髭の濃い人でも4,5回脱毛を受ければ髭は薄くなります。

髭でオシャレをするのなら、せめて青ひげがなくなるくらいまで脱毛してからにしましょう。