怖くない?やけどは?髭の脱毛あれこれ

髭脱毛ってよく考えると怖いですよね。

レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も、仕組みは黒い色に反応するレーザーで毛乳頭を焼き切ること。レーザーが黒色に反応して一瞬で燃えて、その威力で毛乳頭を破壊します。

これだけ聞くと結構怖いですよね。

髭脱毛は本当に危なくないのでしょうか?やけどとかにはならないのでしょうか?

脱毛直後は軽いやけど状態

結論から言うと、脱毛直後の顔は軽いやけど状態になっています。特に反応の強かった毛穴周りは赤く腫れることがあります。

そのため、どこの脱毛サロンでもレーザー照射後は必ずアイシングをします。この脱毛直後のケアが重要で、激安のサロンだったり個人でやっているようなサロンだとアイシングがいい加減な場合があります。

症状としてはやけどと一緒なので、対応も直後のアイシングで変わります。

アイシングをしっかり行えば痛みのなくなって赤みもなくなります。たまに赤みが残ったりしますが、2,3日もすれば綺麗に消えてなくなります。

しかしながらアイシングが不十分だと、赤く腫れた状態が残ったままとなります。傷ついた毛穴から細菌が入ると、毛のう炎といった症状になってしまうこともあるので注意が必要です。

実績のある脱毛サロンやクリニックなら問題ない

レーザーで焼き切るので脱毛直後の腫れは仕方ありませんが、そのときの対応を考えると、はやり実績のある脱毛サロンやクリニックに任せたくなります。

レーザーの反応は人によって個人差があります。

大きな反応でも全然赤くならない人もいれば、ちょっとの反応でも赤く腫れてしまう人もいます。

どのくらいのレーザー出力でどのくらいの状態になるのか?できるだけ肌に負担をかけずにレーザーの効果を最大限発揮できるか?

このへんのさじ加減が、大手の脱毛サロンは実績があります。

適度な強さでレーザー出力を調節してくれるし、アフターケアもしっかりしています。アフターケアがしっかりしていれば、顔のレーザー脱毛でもトラブルはほとんどないはずです。

髭の脱毛はよく考えると怖いかもしれません。だからこそ信頼のおける実績ある脱毛サロンで脱毛を受けた方がいいでしょう。