チクチクする無精髭|他の人には結構痛い

男性の髭は太くて硬い毛質です。

体に生えている体毛の2倍から3倍の太さがあるから、硬くなるのも当然ですね。

この硬いひげを毎日カミソリで剃るのだから、当然のことながら肌は痛くなるし場合よっては毛穴を傷めてしまいます。

そしてもっとも厄介なのが無精髭。

ひげが濃い人の特徴は、ひげの生えるスピードも速いということ。

朝、綺麗にひげを剃っても、夕方くらいになるとちくちくとした短い無精髭が生えてきてしまいます。

でもなんで、無精髭が厄介なのでしょうか?

見た目が悪い、不潔感がある

まず一番の問題は見た目が悪いこと。

男性としてひげが伸びてくるのは仕方のない事ですが、やっぱり綺麗なツルツルの肌よりも、無精髭は不潔感をもって見られてしまいます。

顔全体的に生えている無精髭、それだけで気持ちが悪いという女性もいるくらいです。

営業職の人などは、夕方にお客先へ行く前にひげを剃ってから行く人も多いです。中には電気シェーバーを携帯して喫茶店のトイレなどで剃る人もいるとか。

子供に嫌がられる

子供、特に女の子の子供がいる人ならわかると思いますが、無精髭は子供にウケが悪いです。

普通に過ごしているのならいいのですが、顔を近づけてスキンシップをとろうとすると「痛い!」というのです。

確かにチクチクと生えた無精髭は痛いです。

大人でも他人のひげは痛いときがあるのですから、子供のやわらかい肌にしたら結構な痛さですよね。

無精髭のせいで、子供に近寄らないでと言われることもあります。さすがにそのときはショックでしたね。。。

女性にキスを嫌がられる

これは、彼女がいる独身男性ならではの悩みです。

私も若いころ、付き合っていた彼女に言われてショックでした。

キスをしてスキンシップをするときに、ひげが痛いと言われます。

また、無精髭のジョリジョリ感が気持ち悪くて、いざ顔が近づいてくると反射的に避けてしまうこともあります。これもまた男性にとってはショックな出来事です。

でも確かに、女性側からしたら、無精髭って痛いですよね。

チクチクとしたひげが針のようになって顔に刺さるのだから、痛くないわけがありません。

せっかく付き合っている彼女といい雰囲気になっても、ひげが痛いと拒否されてはムードも何も台無しです。

やっぱりひげは、女の子にも大人の女性にも基本的には不人気なそんざいです。

一刻も早く脱毛してスッキリさせたいですね。