怖くない?やけどは?髭の脱毛あれこれ

髭脱毛ってよく考えると怖いですよね。

レーザー脱毛もフラッシュ脱毛も、仕組みは黒い色に反応するレーザーで毛乳頭を焼き切ること。レーザーが黒色に反応して一瞬で燃えて、その威力で毛乳頭を破壊します。

これだけ聞くと結構怖いですよね。

髭脱毛は本当に危なくないのでしょうか?やけどとかにはならないのでしょうか?

脱毛直後は軽いやけど状態

結論から言うと、脱毛直後の顔は軽いやけど状態になっています。特に反応の強かった毛穴周りは赤く腫れることがあります。

そのため、どこの脱毛サロンでもレーザー照射後は必ずアイシングをします。この脱毛直後のケアが重要で、激安のサロンだったり個人でやっているようなサロンだとアイシングがいい加減な場合があります。

症状としてはやけどと一緒なので、対応も直後のアイシングで変わります。

アイシングをしっかり行えば痛みのなくなって赤みもなくなります。たまに赤みが残ったりしますが、2,3日もすれば綺麗に消えてなくなります。

しかしながらアイシングが不十分だと、赤く腫れた状態が残ったままとなります。傷ついた毛穴から細菌が入ると、毛のう炎といった症状になってしまうこともあるので注意が必要です。

実績のある脱毛サロンやクリニックなら問題ない

レーザーで焼き切るので脱毛直後の腫れは仕方ありませんが、そのときの対応を考えると、はやり実績のある脱毛サロンやクリニックに任せたくなります。

レーザーの反応は人によって個人差があります。

大きな反応でも全然赤くならない人もいれば、ちょっとの反応でも赤く腫れてしまう人もいます。

どのくらいのレーザー出力でどのくらいの状態になるのか?できるだけ肌に負担をかけずにレーザーの効果を最大限発揮できるか?

このへんのさじ加減が、大手の脱毛サロンは実績があります。

適度な強さでレーザー出力を調節してくれるし、アフターケアもしっかりしています。アフターケアがしっかりしていれば、顔のレーザー脱毛でもトラブルはほとんどないはずです。

髭の脱毛はよく考えると怖いかもしれません。だからこそ信頼のおける実績ある脱毛サロンで脱毛を受けた方がいいでしょう。

やっぱり痛いよね!男性のヒゲ脱毛

クリニックとかエステサロンでうける脱毛。

医療用レーザー脱毛とかフラッシュ脱毛とか脱毛方法や脱毛機器は違うけど、黒い色に反応するレーザーを使って、毛穴の奥の毛乳頭や毛細胞を破壊する仕組みはかわりません。

ヒゲを作り出す毛乳頭がなくなってしまうのだから、完全に破壊できた毛穴からは一切髭は生えてきません。いわゆる永久脱毛になります。

フラッシュ脱毛(光脱毛)は永久脱毛にならないと言われていますが、そんなことはありません。脱毛回数を重ねれば髭が一切生えてこない状態にはなります。

ただ、フラッシュ脱毛はレーザー出力が弱いから、なかなか毛穴の奥の毛乳頭が破壊しきれません。しばらく経つと毛細胞も再生して再び生えてくるだけです。

さて、そんなレーザーで焼き切るヒゲ脱毛。

痛い痛いと言われていますが、そんなに痛いものなのでしょうか?

ハッキリ言って超痛い!ヒゲ脱毛

結論から言ってしまえば、ヒゲ脱毛は痛いです。お世辞抜きにしても痛い。

もちろん大人だから泣いたり喚いたりはしないけど、レーザーを照射するときにグッと気合いが必要なほど痛いです。特に鼻下はかなりの痛さで、自然と涙が流れてきます。(あ、大人なのに泣いてしまいましたね)

これはレーザー脱毛でもフラッシュ脱毛でも一緒です。

レーザーの出力が弱い分、フラッシュ脱毛の方が痛みはないけど、それでもやっぱり痛いものは痛い。それがヒゲ脱毛です。

ヒゲ脱毛は痛いけど我慢だ!我慢!

ヒゲ脱毛は痛いけど、痛いのはレーザーを照射しているときだけ。

脱毛後はしっかりアイシングするし、痛みが残ることはありません。

レーザー脱毛でもフラッシュ脱毛でも最近はレーザーの照射範囲が広くなっているので、一番痛い鼻下なら7,8回程度の照射で終わります。

7,8回程度お腹にグッと力をいれてレーザーの痛さに耐えてください。

それで一生ひげに悩まなくていい生活になるんだから、我慢できますよね?

毎日のカミソリ負けの痛さ、髭剃りの煩わしさ、青ひげの恥ずかしさが無くなると思えば全然大した痛みではありません。

もちろんあまりに痛さに弱い人向けに麻酔クリームや麻酔注射をしてくれる脱毛クリニックもあります。ゴリラ脱毛とか湘南美容外科クリニックで扱ってますね。

でも男は黙って痛みに耐えましょう(笑)

痛いのは髭が濃い最初の2,3回だけだし、だんだんと髭が薄くなって肌がきれいになっていけば、痛みも全然大丈夫!これで解放的な日々が手に入るんだ!って痛みも忘れますよ。

まあ、それでもレーザー照射中は痛いんですけどね。。。